福岡市テレワーク促進サポーターに登録

福岡市テレワーク促進事業

福岡市の事業

宮川公認会計士事務所は、この度、福岡市のテレワーク促進サポーターに登録されました。

福岡市テレワーク促進事業支援金を活用することで、当事務所が提供するコンサルティング費用の100%(上限10万円まで)が福岡市から補助されます。(期限、条件あり)

 

福岡市テレワーク促進事業支援金の認定を受けた事業者様で、クラウド会計等によるテレワーク導入、拡充の必要性がございましたら、一度ご相談ください。

 

福岡市テレワーク促進事業とは

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、テレワーク導入・拡充を促進するため、福岡市が独自に行っている事業です。

対象となるのは、下記の要件を満たした中小企業、個人事業主となります。

<対象となる要件(一部)>

  • 福岡市内に本店を置き、常時雇用する従業者が2人以上の中小企業(個人事業主含む)
    または
  • 福岡市内に主たる事務所を置き、常時雇用する従業者が2人以上 20 人以下の法人・組合

その他の要件は、下記福岡市ホームページをご確認ください。

 

こちらの事業で福岡市から認定を受けると、テレワーク導入・拡充に必要な経費(対象経費)を最大50万円が福岡市から支援されます。

サポーター企業によるコンサルティングについては、上限10万円まで100%(補助率10/10)支援がおりることになります。また、10万円を超える飛鳥についても最大1/2まで(上限40万円)補助されることになります。

 

画像:申請の流れ

(出典:福岡市ホームページ「福岡市はテレワークを導入する地場中小企業を支援します!」より抜粋)

 

クラウド会計等によるリモートワークなら

新型コロナウイルスによるテレワーク導入、経理業務の効率化、人的コストの削減など、クラウド会計に関するコンサルティング、導入サポートのことなら、お気軽に当事務所にご相談ください。